季節のささやき〜二十四節気「夏至」〜

2024.06.21


ブログ「季節のささやき」
では、二十四節気や雑説、行事の時期についての知識、クラシコサエルとしてのそれぞれの次節を楽しく/健康に過ごすための暮らしの工夫をお伝えします。

今回は二十四節気「夏至」について、“夏至ってどんな日?”“夏至前後にしたいことの暮らしのアイデア”“夏至の時期の旬の食べ物(レシピ付き)”などについて。

夏至って?

2024年6月21日は二十四節気の“夏至(げし)”。
日本を含む北半球では1年のうち、昼の時間がいちばん長くなる日です。

・毎年6月21日か22日(夏至:今年は6月21日)
・逆に昼の時間がいちばん短い日が“冬至(とうじ)”になる。
・雑説「半夏生(はんげしょう)」:夏至から11日目。梅雨の終わりが近づくこの時期の、田植えをすませる目安とされた節目の日です。

※二十四節気
 1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれを6つに分けた季節の指標となる日。
 中国で生まれた暦で日本の季節感とは違う部分があるため、“雑説”という日本独自の指標が二十四節気を補う季節の移り変わりの目安として設定されている。

夏至前後にしたいこと



中国で生まれた二十四節気の上では夏至ですが、日本では梅雨の時期。
じめじめした気候やこれからの暑い夏を気持ちよく・楽しく・健康に乗り切るための工夫は↓をチェック。

▼ 手仕事やお飾りで夏至を楽しむ
・初夏を楽しむワンピース作り 前編後編 - by.kae
型染めうちわ作り​ - by.真鍋 百萌​
手作りするお茶パック​ - by.真鍋 百萌
季節のお飾り〜新緑をお部屋に〜 - by.なこ

▼ 七夕や夏のイベントの準備をしながら夏至を過ごす
七夕の室礼 - by.平本麻美
季節のお飾り〜七夕〜 - by.なこ
お家で楽しむ夏祭り - by.ryuryu

夏至の時期の旬の食べ物



見た目にも涼やかな「水無月」は、じめじめとした梅雨の体調を崩しやすい6月にだけ食べられる、京都発祥の和菓子です。

また、この時期が旬の食べ物には、カリウムやビタミン類など、夏バテを防止できる栄養素が豊富に含まれています。
積極的に取り入れて、暑い時期を乗り越えるからだを作りましょう。 

▼ 旬の食べ物とそれにまつわる読みもの
らっきょう(レシピ:塩らっきょう)
甘夏(レシピ:甘夏のマーマレード)
とうもろこし(レシピ:キーマカレー茶碗蒸し・ごはん
新生姜(レシピ:新生姜の甘酢漬け)
(レシピ:夏野菜と鶏肉の梅南蛮酢漬け)
(アイデア:豆類の楽しみ方)
小メロン(レシピ:小メロンを使ったレシピ5つ)
白瓜(レシピ:白瓜の箸休め)
バジル(レシピ:バジルペースト)
ニラ(レシピ:ニラだれ)

 

6月の読みもの

6月の食に関すること(レシピ付き記事も)、6月の過ごし方のアイデアや7月の準備などの記事をお楽しみください♪

月ごとの読みものまとめはこちら

 



\ PICK UP ITEM /

おすすめ商品