旬の食材:野草 蔓菜(ツルナ)

2024.05.15
平本 麻美

連載:季節の手仕事
クラシライター:平本麻美さんより、日々の暮らしに寄り添うレシピやスタイリング、季節の手仕事などをお届けします。

先日、八百屋さんでおじさんが「ようやくこんなの出てきたよ〜!」と見せてくれたのは、蔓菜(ツルナ)。英名はニュージーランドスピナッチ。ほうれん草に少し似ていますが、独特の風味と歯応えがあります。海岸の砂地に自生する植物で、古くから親しまれている野草です。山形県で採れた蔓菜を手に入れることが出来ました。


左が表葉、右が裏葉。アイスプラントのように裏葉に細かい粒が無数に付いています。アイスプラントと聞くと、生で食べたくなりますが、こちらはアクが強いので、生食には適していません。塩1%のお湯で1-2分ほど茹で、冷水に取ってからお浸しや和えものなどに使いましょう。茹でた蔓菜に生姜醤油だけでもとっても美味しく頂けます。


また、お肉との相性も良いので、今回は焼きうどんのレシピをご紹介しますね。

 


蔓菜と豚肉の黒酢焼きうどん



材料

・蔓菜(ツルナ) 100g
・豚肩ロースの薄切り 200g
・ネギ 20g
・冷凍うどん 2玉
・サラダ油 大1
・醤油 大1
・黒酢 大1
・黒胡椒 適量


作り方

1、蔓菜を洗い、ネギは微塵切りに、豚肉をひと口大に切る。

2、耐熱皿に冷凍うどんをのせ電子レンジで5分ほど加熱しておく。

3、フライパンで油を熱し、ネギと豚肉を炒め、肉の色が変わったら、蔓菜を加えて炒める。

4、全体がしんなりしたら、うどんを加えて、ほぐしながら炒める。

5、醤油と黒酢を回し入れ、全体によくからめる。

 


お皿に盛り付け、黒胡椒をたっぷりと振りかけて頂きましょう。シャキシャキと肉厚な歯応えと、モチッとしたうどんとの相性抜群。シンプルな味付けですが、黒酢のコクと優しい酸味でペロリと完食してしまいます。

今週は夏日になる日も多そう。夏野菜がたくさん出回りますね。これから旬を迎える蔓菜を見つけたら、是非、試してみて下さいね。

今日もご覧頂き、ありがとうございました。

 

5月の読みもの

5月の食に関すること(レシピ付き記事も)、5月の過ごし方のアイデアや6月の準備などの記事をお楽しみください♪

月ごとの読みものまとめはこちら

 


\ PICK UP ITEM /

おすすめ商品